明治大学
English Korea Chinese Chinese 交通アクセス お問い合わせ サイトマップ
明治大学TOP > 大学案内 > 明治大学の取り組み > 地域連携 > 川崎市との連携
明治大学の取り組み
人権教育
キャンパス・ハラスメント対策への取り組み
環境への取り組み
個人情報保護
地域連携
開かれた図書館
国家試験対策の強化
スポーツ強化
FD(教員研修)
付属高校との連携


明治大学教育改革の取組

ISO14001認証取得(駿河台A地区)
川崎市との連携
川崎市の「農業公園づくり事業」との提携

 明治大学は,現在,川崎市麻生区の黒川地区に数年後のオープンを目指して,農学部の新しい実習農場建設に向け,取り組みを進めています。
 明治大学が農場を設置する地域は農業振興地域となっております。農業を中心とした地域の活性化のために「農業者・農業団体」,「川崎市」,「市民」,「明治大学」が連携した事業展開について討議する会議も,2005年11月から行われております。

 黒川地区に設置される実習農場は,地域農業の活性化を目指した川崎市の「農業公園づくり事業」と提携した,社会貢献をも視野に入れたもので,「先端農業」の研究を活かして,都市型農業に必要な生産性が高い野菜や果実の栽培などを行い,その成果を地域に還元していく方針です。

 川崎市麻生区の黒川地区は多摩丘陵の一角に位置する典型的な丘陵地で,地形と対応した土地利用や植生がみられます。谷戸と呼ばれる谷地形の谷底は水田になっており,そのわきを小川が流れ,斜面と尾根は雑木林になっております。農場予定地は斜面と尾根に位置しています。

農場予定地を使った学生実験
 農場はまだありませんが、学生実験の中には農場がなくてもできる科目があります。農学実験IVでは、農学科の2年生60名あまりが黒川地域の地形と土地利用、農場予定地の土壌シードバンクなどについて調査を行いました。
  土壌シードバンクの調査はこの実験のために開発した農学部オリジナルなものです。土の中には生きた種子がたくさん入っています。この種子は上から落ちてきたり、鳥の糞に混じっていたりして、土の中に入ってきます。

そして、発芽したり、食われたりして、土の中からなくなっていくのです。まるで、銀行の口座のように、預け入れと引き下ろしがあるのです。実験では農場予定地から土壌を一定量採取して、照明つきインキュベーターのなかで発芽させ、芽生えを育てて名前を調べました。まだ、名前を調べることのできる特徴の出ていない芽生えもありましたが、17種が確認されました。参加した学生のアンケート結果からは、この実験の評判は大変よく、労力がかかったにもかかわらず、学生の興味を引く実験であったようです。
土壌シードバンクの研究は最近盛んになってきた分野であり、生物多様性についての教育という観点からの学会発表も行う予定です。

農場予定地の研究的活用(農学部農芸化学科土壌圏科学研究室)
土壌圏科学研究室では丘陵地における地形に対応する土壌の生成・分布や、丘陵地雑木林の物質循環に関する研究を進めてきましたが、本年度、黒川農場予定地において、卒業研究として丘陵地地形区分と発現土壌型との関係を調査研究しています。研究の結果、緩斜面には表層腐植質黒ボク土、頂部平坦面には淡色黒ボク土など火山灰土壌が、谷底低地には排水性の悪いグライ土が分布していることが明らかになりました。また、農場予定の中央平坦部はコンクリート片等の混入が多く、固結しており、農地として利用するには大規模な土層改良が必要なことが明らかになりました。  
ページ先頭へ

© Meiji University,All rights reserved.