理工学部の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の理念

 理学とは自然界の基本法則を探求する学問であり,工学とはそれを利用して人類の幸福に資する技術を創出する学問です。しかし同時に,工学を修めた者には,現象論的な理解のみならず,物事の本質を見極める態度が必要となることがあります。また,理学を修めた者には,その知見を実践的に応用していく意欲が求められることがあります。このような考えに基づいた教育を実践するために,理工学部では,理学と工学を融合したカリキュラムを構成し,双方の資質を兼ね備え,科学技術に対する広い教養と専門的な知識を礎として,社会の諸問題に対処できる技術者や研究者を育成することを教育課程の理念としています。
 

教育課程の構成

 1・2年次のカリキュラムは,理系の基礎知識を身につけるための理系基礎科目,教養を身につけるための総合文化ゼミナール,外国語科目,健康・スポーツ学科目が中心となって構成されています。学科によっては専門分野を概観する導入科目,基礎的な専門科目も1・2年次に配置しています。3・4年次は学科専門科目が中心となり,それぞれの学科の特色に合わせて,カリキュラムが構成されています。また,卒業研究・卒業設計を通じて技術者・研究者としての実践力の向上,専門分野における最新理論の理解,さらに,プレゼンテーション能力の開発等を目指します。

教育課程の特長

 総合文化ゼミナールは1・2年次に配置され,教員と学生とのコミュニケーションを重視した少人数のゼミナール形式で実施されています。このほかに外国語科目,健康・スポーツ学科目,基礎物理学実験及び基礎化学実験は,学科の枠を越えた混合クラスになっており,他学科の学生と触発しあう貴重な機会を提供しています。外国語科目では,国際化時代にふさわしい視野と教養を身につけるために,CALL教室を利用した実用英語教育も行われています。人文・社会系の教養を身に付けるための総合文化科目は3・4年次に配置されています。理系基礎科目は,高校までの学習と大学との間にあるギャップを埋める役割を担っています。入試形態の多様化により,高校のカリキュラム上,物理や数学の一部を履修できなかった学生のために,ベーシッククラスを設置しています。複合領域専門科目には,先端的科目,技術者倫理,ジョブインターンシップ(就業体験を通して学問と実社会とのつながりを理解するための科目)等が含まれます。学年ごとに進級条件があり,学科ごとに定められた単位数を修得しないと進級できません。また,4年次に設置されている卒業研究・卒業設計にも履修条件があります。大学院との連携教育のために,4年次では定められた単位数内で大学院の科目を先取り履修することができます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.