経営学部の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の理念

 経営学部では「グローバル経営人材」と「価値創造人材」の育成という教育目標を実現するために,知識と体験を有機的に組み合わせることで,多様なビジネス環境に対応できる人材や豊かな人間性を育む教育課程を編成します。

教育課程の構成

 教育課程は,教養科目,外国語科目,学部必修科目,学科必修科目,学科専門科目,基礎専門科目,外国語専門科目,体育実技科目などにより構成しています。
  1・2 年次には広い視野とアカデミック・リテラシーを育成するために,教養分野とリテラシー教育を充実させています。学科には2 年次より所属し,専門分野を学びます。とくに1 年次には,学部必修科目の経営学を配置して学部教育の全体像を理解します。同時にグローバル経営人材の育成のために英語スキルと英語による専門科目を組み合わせたGREAT(Global Resources English Applied Track),価値創造人材育成のために課題発見・解決能力を高めるフューチャースキル講座(アクティブラーニング),公認会計士や税理士資格の取得を目指すトラック(会計学科関連)など,主体的・能動的に学べる科目やトラックを配置し,インパクトの高い初年次教育を行います。
 また,フィールドスタディやグローバル・サービスラーニング等による体験学習も4 年間を通して履修できるようにして,多様な価値観と実践力を養います。
 学部教育の中心的な役割を果たす演習は2 年次秋学期からの2 年半タイプと 3 年次からの2 年タイプを設置しています。授業で学修したことを活用して,調査研究,プレゼンテーションや論文作成など,総合的な能力を養います。

 経営学科は,企業論や経営管理論といった学科必修科目を履修することで,企業経営の全体構造を学びます。さらに,学生の問題意識や興味に合わせて,経営理論,経営管理,企業論,経営科学,人事労務,経営史に関する科目群を設置しています。
 会計学科は,環境・社会・ガバナンスの視点から世界に通用する経営・会計スキルを修得できる科目群に加えて,会計専門職・資格獲得を目指す学生に対してはスタートアップから合格までフォローできるトラックを設置しています。
 公共経営学科は,行政経営や,国際協力・スポーツ・健康・福祉などの公共サービスのマネジメントを修得できる科目群を設置しています。

教育課程の特長

1.1 年次に学部学科教育の内容を理解して,2年次から学科に所属します。
2.学科間の垣根は低く,他学科の講義や演習を履修できるなど,ゆるやかな学科制を採用することで,複眼的思考に優れた人材の育成を図ります。
3.教養教育から各学科の専門教育まで,多様な演習教育を実践しています。
4.GREAT や学部独自の段階的留学・海外体験プログラムを用意して,国際化を推進しています。
5.机上における知識だけでなく,体験から学ぶことを重視し,フィールドスタディやフューチャースキル講座,グローバル・サービスラーニングなどの科目を設置しています。
6. 公認会計士や税理士資格の取得を目指す学生をサポートするトラックを設置しています。
7.TOEIC やTOEFL の学内実施や日商簿記検定の団体受験など,資格取得を推進しています。
8.短期留学プログラムIBP(International Business Program,アメリカ)及びISIBM(International Summer Institute of Business Management,カナダ)を実施しています。
9.カナダのビクトリア大学とのデュアルディグリー・プログラムを行っています。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.