農学部 カリキュラム概要

教育内容の概要

 農学部のカリキュラムは、全学科共通の総合科目と各学科専攻科目から構成されています。総合科目には、外国語科目群保健・体育科目群及び総合科目ゼミナールの他に4分野から成る共通科目群を設置し、所属する学科ごとに履修要件を定めています。そのことにより農学に関する専門科目とその土台となる幅広い領域の科学と文化を学ぶことができます。

各学科の専攻科目には基礎科目群と専攻科目群、卒論関係科目群及びフィールドサイエンス科目群が含まれています。専門科目は、基礎科目を1年次から履修します。2年次になると基礎科目に加えて選択必修科目を含む専攻科目が増え、専門科目の実験・実習も始まります。3・4年次では、より専門性のある専攻科目を学びます。3年次から卒論関係科目の履修がスタートし、各研究室に所属して2年間をかけて卒業研究に取り組みます。このため教員と学生の絆が密になり、また先輩と後輩との間にも親密な関係が築き上げられます。

このように農学部では研究室における少人数の学生と教員とのマンツーマンの教育に重点を置いて、人間的な教育にも配慮しながら専門教育を行っています。

関係の深い科目を関連付けて学習できる履修モデル

 各学科専攻科目は、関連性の深い科目を関連付けて学習できるように履修モデルが準備されています。そのモデルにおいては、2年次の専攻基礎科目と3年次と4年次に設置されている専攻科目との関連がわかるように提示されています。さらに関連する研究室に所属して卒論科目の学習および卒業研究に取り組むことで専門性を高めることができます。

 農学科においては、「食糧生産・環境コース」と「総合農学コース」を設置しています。「食糧生産・環境コース」は、JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定プログラムです。

農学部 カリキュラム体系図

  1年次 2年次 3年次 4年次
総合科目
(全学科共通)
●外国語科目群
第一外国語(英語)
第二外国語(ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語)
●学部間共通外国語(会話科目、国際理解講座など)
●保健・体育科目群
スポーツ実習Ⅰ~Ⅲ、運動学、健康科学
●共通科目群
第一分野 宗教の哲学、科学の哲学、現代倫理学の諸問題、論理的思考の技法、心理学A・B、日本文学、
外国文学、日本語表現A・B、文芸思潮、地域文化研究、
日本の歴史A・B、Global CompetenceA・B・C、日本事情Ⅰ~Ⅳ
第二分野 経済学、社会学、民俗学、法学、農業経済初歩概説、日本国憲法
第三分野 生物学基礎、物理学基礎、化学基礎、数学基礎、農芸化学初歩概説、
生命科学初歩概説、生物生産学初歩概説
学際的分野、生命倫理学、共通総合講座Ⅰ・Ⅱ、ICT情報科目、他学科・他学部科目、教職課程科目
日本ASEAN相互理解プログラム科目、グローバル人材育成プログラム科目
●総合科目ゼミナール
ゼミナール、ゼミナール論文
各学科専攻科目

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.