法学研究科入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)

法学研究科

博士前期課程

博士前期課程では、研究者・高度専門職業人としての学問的基礎を修得し、自立して問題解決に当たることができる能力を備えた人材の養成を目指している。そのため、次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れるものとする。
・自らの研究テーマを探究し自立した法学研究者を目指す者
・法学領域の専門性を要する職業等に必要な能力の修得を目指す者
 以上の求める学生像に基づき、年2回の学内選考入学試験、一般入学試験、外国人留学生入学試験、社会人特別入学試験、3年早期卒業予定者入学試験を実施し、研究者・高度専門職業人となるべき豊かな素養と能力を重視した入学者選抜を行う。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求める。
○ 周辺社会科学についての基礎的な関心。
○ 研究分野に関する文献リサーチ能力。
○ 大学院での研究に関する明確な目標と計画。
 

博士後期課程
 博士後期課程では、法学分野の研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力と、その基礎となる豊かな学識を備えた人材の養成を目的としている。そのため、次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れるものとする。
・法学に関する専門分野において自立した研究者を目指す者
・大学等の高等教育機関において教育研究活動を目指す者
 以上の求める学生像に基づき、一般入学試験、外国人留学生入学試験を実施し、研究者となるべき専門能力を重視した入学者選抜を行う。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求める。
○ 比較法研究に必要な諸能力。
○ 立法論的考察をなしうる能力。
○ 我国の法体系についての基礎的知識。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.