商学研究科入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)

商学研究科

博士前期課程
 商学研究科博士前期課程は、経済、商業、経営、会計、金融・証券、保険、交通および貿易の8系列を設置し、少人数教育を通じて、これらの分野における、さらにはこれらの分野を基礎とする学際的研究領域における研究者又は高度専門職業人として自立的に活動できる革新性と創造性に富む人材の養成を目的としています。そこで次のような学生を求めています。
○ 商学分野における研究を遂行するのに必要な知識と能力を身につけることができ、かつそのための努力を惜しまない者。同時に社会にとって有用な研究を公正に行うことのできる価値観を有する者。
○ 商学に関する高度な専門知識を備えた職業人として職務を全うするのに十分な知識と能力を身につけることができ、かつそのための努力を惜しまない者。同時に自らの職務を通じて社会の発展に寄与する熱意を有する者。
 以上の求める学生像に基づき、学内選考入学試験、一般入学試験、外国人留学生入学試験、社会人特別入学試験、3年早期卒業予定者入学試験、シニア世代のための入学試験を実施し、入学者選抜を行ないます。
なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求めます。
○ 商学分野における基礎的な知識
○ 研究遂行上の明確な問題意識と達成目標
○ 自立的な研究活動に必須の計画的行動力と課題解決力
博士後期課程
 商学研究科博士後期課程は、経済、商業、経営、会計、金融・証券、保険、交通および貿易の8系列を設置し、少人数教育を通じて、これらの分野における、さらにはこれらの分野を基礎とする学際的研究領域における最新の研究動向とそれに関連するビジネスの実際に通じ、大学ならびに各種研究機関において第一線の専門研究者として世界的に活躍できる人材の養成を目的としています。そこで次のような学生を求めています。
○ 商学分野における第一線の専門研究者として研究を遂行するのに十分な知識と能力を身につけることができ、かつそのための努力を惜しまない者。同時に社会にとって有用な研究を公正に行うことのできる価値観と、研究を通じて社会の発展に寄与する使命感を有する者。
以上の求める学生像に基づき、学内選考入学試験、一般入学試験、外国人留学生入学試験を実施し、入学者選抜を行ないます。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下の通り求めます。
○ 商学および隣接分野の幅広い知識に裏づけられた専攻分野に関する専門知識
○ 論理的に卓越した研究を展開し得る問題解決能力及び課題探究能力
○ 研究成果を国内外に発信し得るコミュニケーション能力

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.