グローバル・ガバナンス研究科入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)

グローバル・ガバナンス研究科は、地球規模の諸問題(グローバル・イシュー)に関し、国際的に十分通用できる研究者ならびに行政機関、国際機関、国際NGO等、国際社会や地域社会の多様な場で貢献できる専門家の養成を目指しています。このため、本研究科では主に次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。

○ 公共政策、国際開発政策、地域マネジメントのいずれかの分野において十分な専門的素養を持ち、第一線の研究者・専門家として活動するための知識と能力を身に着ける意欲を持つ者。

○ 研究を通じてグローバル・イシューの課題解決と国際社会の発展に寄与する使命感を有する者。

 

なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下のとおり求めます。

○ 公共政策、国際開発政策、地域マネジメントのいずれかの分野において十分な専門的素養を持ち、自分の専門に関する研究を推進できる能力を修得していること。

○ 学術、研究の高度化とグローバル化が進展する現代社会に対応できるような幅広い視野、分析手法を備え、自分の専門分野に生かす力を修得していること。

○ 英語を共通語して研究を遂行できる能力を備えていること。
 


 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.