保育費用補助制度

本学研究者の育児と研究の両立支援を目的とし、夜間保育、休日保育及び病児・病後児保育の利用料金の一部補助を行っています。

利用対象者

本学に在籍する専任教員、特任教員及び研究推進員のうち、次のいずれかに該当する研究者
(ただし、本人又は配偶者が産前・産後休暇、育児休業又は介護休業中にある者を除く)
(1)未就学の子を育児している女性研究者
(2)未就学の子を育児している男性研究者で、配偶者が研究者である場合又は一人で育児している場合
※ 配偶者とは婚姻の届出の有無にかかわらず、事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる者を含む。

補助対象となる利用目的

研究者が研究業務に携わるに当たり、次のいずれかを利用した場合
(1)夜間保育の利用
(2)休日保育の利用(土曜日を含む)
(3)病児・病後児保育の利用
※ 入試業務、補講業務等、教育に関する業務を目的とする保育の利用は対象外。

補助額

保育の利用料金の補助限度額(年度毎)は、次のとおり
(1)利用料金の2分の1(入会金、年会費、月会費、登録料等は除く。)
(2)子ども1人当たり4万円

利用手続等

本制度に申請する研究者は、次の申請書類を男女共同参画推進センターにご提出ください。
(1)保育費用補助申請書兼保育サービス利用状況記載票
(2)領収書(原本/社印入り)
(3)利用明細書の写し(利用日時、利用金額、交通費等が記載されたもの)
(4)利用資格を証明するものの写し(母子手帳・健康保険証<親・子>等/年度初回利用時のみ)
※ 当月15日までに提出された申請については、翌月の給与合算にて支払う。(給与明細には「特別手当」という名称で記載される)
※ 1回の申請に複数回分の領収書の提出も可能とし、同一年度内に限り遡及請求を受け付ける。

なお、応募に必要な書類は下記からダウンロードしてください。
応募要領
保育費用補助申請書兼保育サービス利用状況記載票

問い合わせ先

明治大学 男女共同参画推進センター
Tel:03-3296-4655(内線:60-4655)
E-mail:danjo@meiji.ac.jp

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.