第91回箱根駅伝・明治大学は往路2位でゴール(※選手の写真・コメントを追加しました)

2015年01月02日
明治大学 広報課

3位の好スタートを決めた1区・横手選手3位の好スタートを決めた1区・横手選手

3年連続で「花の2区」を務めた大六野選手3年連続で「花の2区」を務めた大六野選手

二人を抜いて順位を2位に押し上げた3区・有村選手二人を抜いて順位を2位に押し上げた3区・有村選手

4区・松井選手は区間タイム3位の好走4区・松井選手は区間タイム3位の好走

5区・文元選手は雪の残る山登りを2位でゴール5区・文元選手は雪の残る山登りを2位でゴール

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走の往路が1月2日、東京・大手町〜箱根・芦ノ湖の5区間・107.5kmのコースで行われ、明治大学体育会競走部は2位、5時間28分57秒のタイムで芦ノ湖にゴールしました。

明治大学は当日の区間エントリー変更を行わず、1区・横手健選手(政経3)、2区・大六野秀畝選手(政経4)、3区・有村優樹選手(商4)、4区・松井智靖選手(経営4)、5区・文元慧選手(政経4)のオーダーで往路に臨みました。

何度も先頭が入れ替わる展開となった1区は、横手選手が先頭争いに終始加わり、トップと僅差の3位でスタート。3年連続で2区を務めた大六野選手は、順位を一つ落としたものの先頭集団と17秒差で3区に襷をつなぎました。3区・有村選手はスタート直後から先行する3校との差を詰め、6km付近で青山学院大を、11km付近で東洋大を引き離し、区間2位のタイムで順位を2位まで上げる力走。4区・松井選手は、後半の7kmにわたって青山学院大と2位争いを繰り広げ、僅かに遅れて3位で襷をリレー。初の5区に臨んだ文元選手は後半に入るとペースを上げ、20km付近で駒澤大を抜き、力強い足取りのまま2位で芦ノ湖にゴールしました。

復路(5区間・109.6km)は3日8時に芦ノ湖をスタート。明治大学は、往路1位の青山学院大から4分59秒差の2番手で復路のスタートを切り、1949年以来66年ぶりの総合優勝を目指します。

選手のコメント

3区・有村優樹選手(主将)
トップを走っていた駒澤大の選手に追いつけなかったのは悔しい。チームとしては、今日は全員が予定していたタイムで走ることができた。2位は想定の範囲内の成績。明日はトップと5分差があるが、届かない範囲ではない。復路のメンバーも力を発揮して楽しんでほしい。
1区・横手健選手
1区のランナーとして流れを作る役割は果たせたが、15km過ぎの仕掛けのポイントで脚がつりそうになってしまい、追いかけることができなかった。もっと差を詰めて2区につなぎたかった。明日の選手もそれぞれの力を出して、優勝目指して頑張ってほしい。

往路の総合順位

順位 大学名 タイム
1 青山学院大学 5時間23分58秒
2 明治大学 5時間28分57秒
3 東洋大学 5時間30分47秒
4 駒澤大学 5時間31分23秒
5 中央学院大学 5時間32分26秒
6 早稲田大学 5時間33分02秒
7 東海大学 5時間33分55秒
8 城西大学 5時間35分09秒

往路・各区間の結果

  区間タイム 通過
順位
区間
順位
1区
21.3km
横手 健
政治経済学部3年
1時間02分07秒
3位
3位
2区
23.1km
大六野 秀畝
政治経済学部4年
1時間07分56秒
4位
5位
3区
21.4km
有村 優樹
商学部4年
1時間02分41秒
2位
2位
4区
18.5km
松井 智靖
経営学部4年
55分00秒
3位
3位
5区
23.2km
文元 慧
政治経済学部4年
1時間21分13秒
2位
6位


この記事に関連するページ

「駅伝特設サイト ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.