明治大学
English Korea Chinese Chinese 交通アクセス お問い合わせ サイトマップ
明治大学TOP > 広報課Information
掲載日:2009/03/21
鳥取大学・鳥取県と連携協力に関する協定書を締結
 明治大学と鳥取大学および鳥取県は3月19日、教育・研究活動の包括的な交流並びに連携・協力を推進し、わが国の教育・研究及び地域社会の発展に資することを目的として、大学間交流に関する包括協定を締結しました。納谷廣美明治大学長、能勢隆之鳥取大学長並びに平井伸治鳥取県知事は、協定書に署名し、今後の連携事業の展開を期して、堅い握手を交わしました。

 協定書には、両大学の教職員の交流、学生の交流、共同プロジェクトの実施、施設の利用などについて、連携・協力を推進することなどが明記されおり、鳥取県がこれらの連携・協力についての支援を行うことが盛り込まれています。

 鳥取県は、明治大学の前身である明治法律学校の創設者の1人であり、初代校長を務めた岸本辰雄の出身地であることから、本学との縁が深く2005年度から、明治大学駿河台キャンパスで「鳥取県・明治大学連携講座」を開講しました。

 2008年度には、鳥取県において「明治大学・鳥取県連携講座『とっとりグランマ倶楽部』結成プロジェクト」(文部科学省委託事業)を開講し、鳥取大学から講師を迎えるとともに、成果発表会には平井鳥取県知事もパネリストとして参加するなどの交流を行ってきました。

 この協定を機に、地方と都市部が共通して抱えている課題の解決、国立大学と私立大学が共通して抱えている課題の解決など、3者の持つ特性を有効活用し、多角的な教育・研究・社会貢献等を展開していく予定です。

 とっとりグランマ倶楽部結成プロジェクト(リンク先:『広域連携による地方活性化のための潜在的な社会参加ニーズ対応就労促進プログラム』)

 鳥取大学ホームページ

 鳥取県ホームページ
協定書を取り交わす納谷学長と能勢鳥取大学長(左)、平井鳥取県知事(右)
協定書を取り交わす納谷学長と能勢鳥取大学長(左)、平井鳥取県知事(右)
  ページ先頭へ

© Meiji University,All rights reserved.