明治大学
English Korea Chinese Chinese 交通アクセス お問い合わせ サイトマップ
  1. 明治大学TOP
  2. 明治大学史資料センターInformation

センター監修『布施辰治研究』の刊行について

 このたび,明治大学史資料センター(所長 別府昭郎文学部教授)では,人権派弁護士研究会の研究成果として,『布施辰治研究』(日本経済評論社刊,4000円+税)を刊行いたしました。

 2010年は,布施辰治の生誕130年にあたり,「韓国併合100年」の年でもあります。布施は,戦前戦後の韓国人に対する弁護士としての活動により,2004年に韓国政府から建国勲章を,日本人として初めて授与されました。本書では,「日本のシンドラー」とも呼ばれる布施の多面的な活動を,資料とともに検証しています。

 おもな内容
  第1部 廃娼運動と死刑廃止論
   村上一博(法学部教授)「芸娼妓契約無効論と公娼自廃の戦術」
   山泉 進(法学部教授)「布施辰治の思想原則と絶対的死刑廃止論」
  第2部 小作権論と裁判闘争
   村上一博他「小作権の本質をめぐる法廷弁論と『本人主義』」
  第3部 明治法律学校と郷里
   長沼秀明(文学部講師)「人権派弁護士たち在学当時の明治法律学校」
   中村正也(前図書館司書)「『在京費控帳』からみた明治法律学校時代の布施辰治」
   阿部裕樹(センター職員)「布施辰治と郷里・蛇田村」
  補論 布施辰治と植民地(解題 山泉 進・村上一博)

 本書購入についてのお問い合わせは,お近くの書店もしくは日本経済評論社(03-3230-1661)までお願いいたします(センター事務室では販売しておりません)。

ページの先頭へ


© Meiji University,All rights reserved.