ズームアップ -meidai sports- <493> 抜群の安定感を見せ笹田がV!! 弓道部 笹田 愛莉



ゴールデンウィーク初日の4月29日に行われた第49回女子部記録会で笹田愛莉が優勝を果たした。本大会は40本の矢を28メートル離れた的に当て、その的中率を競う長丁場の試合で、体力・精神面のタフさが要求される。それでも笹田は20本のうち、17本を当て前半を折り返す。体力・精神面ともに疲れが見える後半でも20本中19本を的中させる驚異の安定感を見せた。結果40本中36本を的中させ、本学では3年ぶりとなる優勝に輝いた。

笹田は昨年、関東インカレ団体戦のメンバーで明治大学の14年ぶりの関東制覇に貢献した選手だ。また、個人戦でも関東インカレで4位、全日本インカレでは2位に輝くなど、その実力は全国の舞台で証明されている。普段はおとなしい印象の笹田。しかし、弓道の話になると、「弓道は一生続けていきたいと思うくらい好きになったスポーツ。弓道のことばかり考えているし、弓道だけは誰にも負けたくない」と力強く語り、負けん気の強さも感じられる。

「規模が大きければ大きいほど楽しい」と語る笹田。次の大会は6月に行われる関東インカレだ。関東の精鋭が集まる大会で、笹田の強みを活かすことができるか注目だ。

(ささだ・あいり 経営2 富士宮東高校出身 155㎝)

文・写真:籠島歩美(文2)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.