駿風

昨年の3・11東日本大震災からまもなく1年を迎えようとしています。時が過ぎるとともに記憶が少しずつ薄れていくことは人間の生業かもしれません。

しかし、あの日の強烈な津波の記憶はすぐに消えはしないでしょう。また同時に起こった福島の原発事故とともに忘れてはならない出来事です。震災がけっして風化すること無く、長期的に復興支援活動を継続し、大学の責務を果たすために震災復興支援センターが設置されました。震災直後の緊急支援による復旧から、長期的な生活支援が重要になっています。大学としてできることは何かを考え、地道な活動を継続していくことが求められています。被災地に足を運び、未だに片付けられない瓦礫の山を目の当たりにすると復興の道のりは遠く長いと実感します。エネルギーの問題も大きな課題です。日本の未来は輝けるのでしょうか?

この1年を振り返り、あらためて亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、私たち一人ひとり何ができるのかを考え、行動することが必要です。被災地の皆さんとともに日本の未来を考えていきたいと思います。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.