本棚『インド 姿を消す娘たちを探して』ギーター・アラヴァムダン 著 鳥居千代香 訳 (柘植書房新社、2,200円)



経済大国となったインドで、今静かに、しかし恐ろしい事実が進行している。女児が姿を消しているのである。地域によっては、男児1000に対して女児が678、確実に女児の抹殺が行われている。結婚に際して巨額のダウリーが必要となる娘は、親にとって負担でしかない。加えて、この社会で女性として生きるのは、本人にとっても不幸でしかないという言い訳もある。近年目覚しい生殖技術の発展は、出生前検診によって、胎児の性別判断を容易なものとした。女児とわかった時点での中絶が横行しているのである。男女のバランスが崩れれば、やがてそれは女性に有利に働くはず、教育が行き届くようになれば、社会が豊かになれば改善されるはず、といった楽観的な見通しは見事に裏切られる。なぜであろう。翻訳とは原作のリライトであるが、翻訳者の様々な思いもそこに付け加わる。本書はまさに翻訳者鳥居千代香氏の思いが隅々にまで映し出された書でもある。なぜかの答えと鳥居氏の思いを探すため、まずは手にとっていただきたい。

吉田恵子・情報コミュニケーション学部教授(訳者は政治経済学部兼任講師)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.