ズームアップ〈第515回〉 原が優勝!今年度初の大会で好発進/全日本ジュニア選手権



ウェイトリフティング部 原 亮太

原亮太(法1=須磨友が丘)が4度目の挑戦でついに表彰台の真ん中に立った。しかし「優勝とスナッチでの自己新はうれしいが、記録が伸びなかったので複雑な心境」と表彰台の真ん中でも笑顔を見せることはなかった。

カギを握ったのはスナッチだった。苦手意識があったが3本連続成功し、自己新記録も更新。「本数が勝負だと思っていたので、3本取れたことは大きい」。しかしジャークでは思い通りにはいかなかった。1本目は137kgを危なげなく挙げたが、2、3回目の試技で141kgに続けて失敗。昨シーズンから続けて挑戦していた141㎏。今大会も壁を越えられず悔しさをにじませた。

「切り替えて本数を取る試合をしたい」。次こそは、真のエースへ成長を遂げる。

(はら・りょうた 法1 須磨友が丘 163㎝・60㎏)

文・関口 詩織(国際3) 写真・竹田 絵美(政経4)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.