駿風

夏季休暇が終わり、キャンパスに学生が戻ってきた。ただ、「休暇」という言葉は適切ではないかもしれない。本学には「一斉休暇」が存在するが、私たち教職員にとって、どこまでが「休暇」でどこまでが「仕事」なのか、実は区別が難しい。夏季休暇中に授業はないが、成績評価、オープンキャンパスなど、人によっては夏季休暇中であっても仕事が存在する。教員であれば、「一斉休暇」中に、論文を書いたり、国際学会で発表したりすることもある。

学生にとっても、夏季休暇は教室での授業がないだけかもしれない。ゼミ合宿、インターンシップ、国際交流を含む多様なサマープログラムが提供されている。それらに参加した学生は、教室では学ぶことができないものに触れられたのではないだろうか。また、「休暇」であるにもかかわらず、経済的な理由からアルバイトをしなければならなかった学生もいたことだろう。しかし、アルバイトも本人の意識次第で、単にお金を得る手段ではなく、社会を学ぶ貴重な機会となる。

この夏季休暇が学生諸君にとって「夏学期」として有効に活用されていたことを願う。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.