ズームアップ〈第524回〉 第65回全日本大学選手権大会 優秀選手賞の西川、インカレ準優勝に大きく貢献

バスケットボール部 西川 貴之



体育会バスケットボール部が全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)で準優勝を果たした。その原動力となったのが、4年生の西川貴之(情コミ4=東海大附四)だ。優秀選手賞受賞について「みんながつくってくれたチャンスを活かすことができただけ」と謙遜したものの、勝負どころでシュートを沈めて存在感を示した。

西川にとって転機となったのが昨年のインカレだ。それまでは出場もまばらであったが、3位決定戦で才能が開花。もともと195cmの恵まれた身長を持っていた西川はインカレを機に好調を維持。一時は沈んだものの、今大会に調子を合わせた。

インカレを通して好調だった西川の一番の見せ場は準決勝の青学大戦だった。第4クォーター、互いに譲らぬシーソーゲームになると、残り3分50秒、西川が逆転の3Pシュートを決める。すると、残り1分半にも3Pシュートを沈め、勝利を手繰り寄せた。

攻守にわたり活躍が光った西川は、納得の優秀選手賞を獲得。高校時代の同期、須田(東海大)との同時受賞に「決勝で須田とできるというのは、運命ではないが本当に低い確率」と目を細めた。「インカレというプレッシャーの中で、今までの自分よりは良いプレーができたのかなと思う」と西川はまた一つ大きく成長 した。

(にしかわ・たかのぶ 情コミ4 東海大附四195cm・83kg)

文・野田樹(文3) 写真・吉川真澄(文1)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.