駿風

最近、思わず首をかしげたくなる事件が多いような気がする。当のご本人は、非難される理由が分からないのか、あるいはそう振る舞っているのか、いずれかは不明であるが、端から見ている限り説得力が十分にあるとは言えない弁明を繰り返しているようにしか思えない。

過ちを犯したのであれば、潔く謝罪することが重要だ。それとも自分が正しいと考えているからか、あるいは未熟さ故に非難されていることの意味を理解できないからか、本人は弁明をするが、余計深みにはまっているのではないか。大人として、社会人として、範を垂れるべき者がこのありさまでは、次代を担う子どもたちに示しがつかない。大変嘆かわしい事態である。

4月になり、学生たちがキャンパスに溢れる季節となった。大学での新しい生活に希望を抱く新入生もいれば、進級してさらなる勉学意欲に燃えている上級生も多いことだろう。是非充実した学生生活を送ってもらいたい。謙虚であること、何事にも真摯に取り組むことの重要性を肝に銘じながら教壇に立とう。そして、学生たちにもそう伝えるよう努力したい。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.