本棚『アメリカ自然思想の源流 フロントカントリーとバックカントリー』柴﨑 文一 著(明治大学出版会、3,000円+税)



本書はアメリカの自然をめぐる思想(ネイチャーライティング)について、第一人者のソローを始め顕著な足跡を残した諸家の著作や事績を引きながら、その流れを重厚犀利に論じたものである。その白眉は、しばしばこの思想の源流でソローの師とも言われるエマソンに論及し、西欧の観念論との照応を確かめたうえで、二人の「自然の読み取り方」の相違を説得力豊かに説いたところであろう。

また、この国の自然思想の原点にオーデュボンを位置づけたことと、雄大な原生自然を限りなく愛し、その保護に生涯を賭けたミューアを論述しながら、今日に及ぶアメリカの自然に対する思想と実践の来し方を浮びあがらせた、新鮮な着眼と手際にも瞠目すべきだろう。

更に心に残るのは、哲学的思惟と文学的思惟が交じり合いしかも文章は明晰であること(著者は哲学、倫理学が主専攻)、引用文の訳の美しさ、精密な注とそれが伝える考証の手続きの確かさとそこに窺える学究魂である。本の体裁も、深い森の息づかいが聞こえるような仕立てである。

池内正直・名誉教授(著者は政治経済学部教授)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.