本棚『影像の詩学 シラー「ヴァレンシュタイン」と一義性の思考』青木 敦子 著(月曜社、3,500円+税)



本書は気鋭のシラー研究者である著者の二冊目の本であり、シラー最大の戯曲『ヴァレンシュタイン』を特異な観点から考究した労作である。

周知のように、ヴァレンシュタインは30年戦争を背景に傭兵隊長から将軍にまで登りつめ、権力の絶頂の時に側近により暗殺された英雄である。ヴァレンシュタインはなぜ破滅したのか。著者によれば、ヴァレンシュタインは人々の心のスクリーンに投じた自らの巨大なシルエット(英雄像)によって窮地に追い込まれ、彼自身がそれに呑み込まれてしまったという。ヴァレンシュタインのシルエットとは、畢竟、彼に対する人々の思惑が織りなす虚像にすぎない。しかしその虚像が噂や伝聞となって現実世界を動かす時、それはもはや虚像とはいえず、実像になるのではないか。こうした観点に基づいて、著者は『ヴァレンシュタイン』をさまざまな角度から読み解いてゆく。

最新の研究成果をも踏まえた篤実なシラー研究書である本書には、今日の我々を照射するアクチュアルな意義がある。なぜなら現代社会では、ヴァーチャルな虚像世界が現実世界として我々を支配しているからだ。

田島正行・法学部教授(著者は法学部兼任講師)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.