本棚「ブロンテ姉妹と15人の男たちの肖像」江﨑 麻里 共著(ミネルヴァ書房、3,800円+税)



本書は『ジェイン・エア』『嵐が丘』で有名なブロンテ3姉妹に関わりのある実在、もしくは作品に登場した15人の男たちの人物像を、近代英文学を研究する13人の女性と2人の男性の研究者がそれぞれ独自の切り口で描いたものである。

その第5章で江﨑麻里氏はシャーロットとその夫とのドラマを、評伝、書簡集をもとに鋭い洞察力をもって物語っている。ある研究によれば19世紀英国の平均寿命は40歳あまりであったというが、それにしても短いシャーロット39年の生涯。シャーロットの最後の9カ月を夫婦として一緒に過ごしたニコルズは牧師である父の助手であった。ニコルズとの結婚に至るまでのシャーロットの心の動き、ニコルズの純粋な恋心を描く文章に読者は、2人を温かく見つめる江﨑氏の眼差しを感じることであろう。

それぞれが3姉妹と関わり合いのある15人の男たち。寒く長い夜、暖かい室内で本書を開き、3姉妹を焦点とした45の人間関係という光線が輻輳して織りなすルミナリエを鑑賞するのも一興である。

石黒太郎・商学部教授(著者は文学部兼任講師)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.