ズームアップ 第555回「信頼取り戻す復帰戦 団体2位」

ウエイトリフティング部 上野 祐脩



東日本大学対抗選手権が7月に行われた。各大学から8人が出場し、その得点の合計を競う団体戦。+105kg級の上野祐脩(政経3)の得点が決め手となり、団体準優勝を果たした。

どん底を味わった。昨年12月、上野は全日本インカレでの試技中に腰を痛めて、棄権した。それから約半年間ケガが尾を引き、まともな練習ができずにいた。大学で初めてぶつかった壁。本多達雄監督は厳しい態度で接した。「甘やかしたらダメだと。かなり冷たく接していました」。いつしか監督と上野の間に距離が生まれ、会話はなくなっていた。

苦しんだ分、結果が出た。5月末に練習を再開した上野。体を戻すため過酷な基礎練習から始めた。腕立て、腹筋、階段ダッシュ…。復活への執念を力に代え、苦手なトレーニングにもがむしゃらに取り組んだ。そして迎えた今大会。勝負どころで、腰を痛めたときと同じ重量であるスナッチ140kgに成功。これが決め手となり、明大は1点差で法大に競り勝った。復帰からわずか1か月で、準優勝の立役者となった。

大会を終えた日の夜、久しぶりに本多監督と語り合った。「半年間記録を伸ばせなくて申し訳なかったです」。ずっと胸にしまっていた思いを伝えた。本多監督は「お前だってやればできるんだよ」と褒めた。多くは語らなくても、親子のように通じ合っていた。
(うえの・ゆうすけ 政経3 東京学園 173cm 123kg)

文/星川 裕也(法2) 写真/柴田祐太朗(商1)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.