ズームアップ第559回「最終戦で感謝の涙インカレ4位の立役者」

フェンシング部 奥村 美咲





最後の試合を終え、思わず奥村美咲(理工4=北陸)の目からは涙があふれ出た。11月16日~20日にかけて行われたインカレ。学生最高峰の舞台で4位となった女子エペ団体を、2年間リーダーとして率いてきた。奥村の入部当初は女子部員が2人。3人で戦う団体戦において人数不足の状況だった。そこから上り詰めたのは奥村の成長があったからこそ。最後の関カレではベスト16入りと、結果を残せるまでになった。

実力ある下級生を見守り、引っ張ってきた。奥村の一学年下にはインターハイ優勝の古俣潮里(政経3=新潟)、二学年下にはインターハイ2年連続準優勝の上田果歩(理工2=伊那北)と実績ある選手がそろう。団体戦においてのオーダーは上級生であっても奥村は三番手。エースの古俣が最終戦を担った。その中でもリーダーとして、一番チームを見て試合を分析してきた。この1年間、三強を崩すことはできなかったが、少しずつ他大学との差を詰め接戦を演じた。

全日本選手権の出場権も得たが個人、団体とも棄権し引退を決意。「マルシェ、ロンペからできないような状況で入部してきて、今こうやって古俣、上田と準決勝を戦えているというのは本当に全ての人に感謝の気持ちでいっぱい」。後輩に思いを託し、ピストを去る。

(おくむら・みさき 理工4 北陸 153cm)

文/谷澤 優佳(文3) 写真/前田 拓磨(法1)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.