明大生が新型レターセット「ふみGRAM」を企画

「ふみGRAM」の企画に携わった学生たち

明治大学と日本郵便は、手紙利用の促進を目的として、学生ならではの感性で新たなレターセットを考案する産学連携プロジェクトを7月から実施。このたび、寄せ書き型の新感覚型レターセット「ふみGRAM(ふみぐらむ)」を発表し、12月1日から販売をスタートさせた。

全10学部から集まった明大生21人は、近年SNSやメールの発達により、学生が第三者からの目に敏感になり、自分の本当の想いを伝えることを敬遠する点に注目。さらに、コミュニケーションアプリの台頭により、スタンプなどワンプッシュで簡単に意思表示を済ませるなど、当たり障りのないコミュニケーションが増えていることについて問題点を挙げた。その一方で、友人たちと一緒にイベントを盛り上げ、共に創り上げていくことや、写真映えするモノには積極的に参加・共有するという傾向に着眼。ピースを組み変えることで、さまざまな「形」を表現できるカッティングパズル=TANGRAM(タングラム)を採用し、思いを伝え、しっかりと理解できる手紙本来の魅力と、若者世代のニーズを掛け合わせた「ふみGRAM」を開発した。

11月22日、駿河台キャンパス・グローバルフロントで行われた新商品発表会では、大友純商学部教授とともにプロジェクトを指導した吉田悦志副学長(キャンパス整備担当)が大学を代表して登壇。多大な協力を得た千代田区観光協会他関係者への謝意を示した上で、「学生の世代が主役となって手紙文化を継承し、盛り上げてほしい」と期待を述べた。商品開発の背景やコンセプト、使い方について説明した石山紗衣さん(文2)は、「お祝いや記念日、季節のイベントで使える。若者が手紙に触れるきっかけになれば嬉しい」と笑顔で語った。

STEP1

STEP2

STEP3

STEP4

「ふみGRAM」販売店舗

「ふみGRAM」230円(税抜)

▼東急ハンズ東京店▼ヴィレッジヴァンガードお茶の水店▼マーチエキュート神田万世橋▼文房具カフェ(渋谷区)▼&note 神宮前・横浜▼36 Sublo(武蔵野市)▼明大マート(4キャンパス)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.