初の海外父母会設立に向けて—— 大韓民国父母会・設立準備懇談会をソウルで開催

大韓民国父母会・設立準備懇談会をソウルで開催

李先姫(イ・ソンヒ)大韓民国父母会員代表(前列中央)

連合父母会は昨年10月15日、校友会大韓民国支部定期総会に合わせて、韓国・ソウルのロッテホテルで、韓国父母会設立準備懇談会を開催。参加した19人の韓国人留学生の父母たちの互選によって、大韓民国父母会員の代表として李先姫(イ・ソンヒ)氏が選出され、本年秋には大韓民国父母会がはじめて開催される見通しとなった。

準備懇談会は、校友会大韓民国支部の嚴泰又(オム・テウ)支部長をはじめ、校友諸氏の通訳や熱意溢れる説明などの全面協力によりスムーズに進行した。

今回の韓国人留学生308人の父母たちへの連絡は、IT先進国である韓国では手紙による通信手段よりもメールが主流になっているという事情から、Oh-o! Meiji System(お知らせの配信機能などを備えた明治大学の学習支援システム)を通じて留学生本人へ周知。その後の翻訳や説明も含め、留学生本人や韓国人留学生会のネットワークを通じてお知らせする形がとられた。

台湾父母会・設立準備懇談会を台北で開催

翁雅純(オウ・ガジュン)台湾父母会員代表(前列中央)

連合父母会は昨年11月6日、校友会台湾支部定期総会に合わせて、台湾の台北市にある典華式場で、台湾父母会設立準備懇談会を開催。参加した7人の台湾人留学生の父母たちの互選によって、台湾父母会員の代表に翁雅純(オウ・ガジュン)氏が選出され、本年8月下旬に、第1回となる台湾父母会が開催される見通しとなった。

校友会台湾支部の頼志明(ライ・シメイ)支部長をはじめ諸先輩方の全面協力により行われた準備懇談会。父母たちは、台湾で活躍する多くの卒業生たちを目の当たりにして、子どもの明大進学が間違いなかったことを確信。卒業して間もない、若い校友も多く参加しており、懇親会を通じて“明治はひとつ”という校友会のスローガンそのまま、新たなコミュニティーが創出された。

今回の台湾人留学生36人の父母たちへの連絡は、韓国父母への連絡と同じく、Oh-o! Meiji Systemを経由して留学生本人を通して行われた。

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.