サッカー部から3人がJ1の舞台に——内定者記者会見

即戦力として期待される河面、小出、道渕の3選手(左から)

体育会サッカー部は11月29日、Jリーグ各クラブへの加入が内定した3選手の記者会見を駿河台キャンパス・グローバルホールで開催した。

会見には、サッカー部の井上優部長(文学部准教授)、栗田大輔監督をはじめ、河面旺成選手(政治経済学部4年・大宮アルディージャ加入内定)、小出悠太選手(政治経済学部4年・ヴァンフォーレ甲府加入内定)、道渕諒平選手(農学部4年・ヴァンフォーレ甲府加入内定)が出席。会見では、井上部長が「“考えるサッカー”を展開し、3人の選手がJリーグに内定できたことは喜ばしい」とあいさつ。栗田監督が今年度のサッカー部の戦いを振り返り、3選手のプロフィールやプレーの特徴を紹介した。

続いて3選手は、大学4年間を振り返りながら現在の心境を語り、「自分の特徴を大宮アルディージャでも生かして勝利に貢献したい」(河面選手)、「感謝の気持ちを忘れず、1日も早くヴァンフォーレ甲府の力になりたい」(小出選手)、「得点、アシストを追及して苦しいときにチームに貢献できる選手になりたい」(道渕選手)と、それぞれ抱負を述べた。

サッカー部は今季、夏の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントと関東大学サッカーリーグ戦を制し、2冠を達成。大学3冠が期待された全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)では、準々決勝で敗退した。

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.