射撃部が女子インカレ総合優勝 ——男子は3位

5年ぶりの総合優勝に笑顔の女子部員(写真提供=明大スポーツ)

10月20日~23日、埼玉県長瀞総合射撃場で開催された第29回全日本女子学生ライフル射撃選手権大会で、体育会射撃部が5年ぶりの女子総合団体優勝を果たした。

女子総合団体は、50mライフル三姿勢60発競技(SBR)と10mエアライフル立射40発競技(AR)の2種目を行い、各チーム上位3人の総合点で順位を決める。明大は、エースの時田亜也加選手(農4)がSBR個人で1位を獲得するなどチームを牽引し、団体SBRで1位、ARで4位の成績で、2011年以来の総合1位に輝いた。

また、第63回全日本学生ライフル射撃選手権大会に出場した昨年2位の男子は、惜しくも3位に敗れた。

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.