ズームアップ 第561回「不調に苦しんだ長距離エース」

スケート部(スピード部門) 小林 耕大



苦しんだ1年だった。小林耕大(政経2=佐久長聖)はシーズン序盤のジャパンカップ第1戦では6分55秒76で昨シーズンのベストに近い数字をたたき出すなど好調の滑り出しだった。だが、翌週の第2戦から屋外リンクでのレースが始まるとタイムが一気に落ちた。その後はタイムが伸びず、全日本学生選手権では「何が悪いのか分からない」と弱音を吐くほどに。下級生の今井裕介(政経1=長野)と関口顯一(政経1=長野工)が活躍する中、小林の不調はどん底まで落ちていた。

全日本選手権で2016年のすべてのレースが終わり、年明けのインカレまで小林は徹底的に滑り込んだ。「インカレ前の独特の雰囲気でなんとか調子を上げられた」。インカレ前日には羽田光希コーチが「戻ってきた」と手応えを感じるまで調子を上げ、5000mと1万mともにチーム内トップ。ポイントもチームの稼ぎ頭となりエースの役目は果たしたが「入賞を狙っていたので悔しい」と昨年同様入賞まであと一歩だっただけに個人では力不足も感じた。「入賞者が出ないともっと上には行けない」。来シーズン新1年生を迎えればインカレ3枠の争いは熾烈になる。レギュラー争いを制し、三度目の正直でインカレ入賞を狙う。

(こばやし・こうだい 政経2 佐久長聖 175cm・65kg)

文・常光 純弘(法3)/写真・織田 有衣子(商1)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.