駿風

今、ペットの世界は「ネコの時代」と言われている。

高齢社会で、散歩の必要がないことが大きな理由のひとつだという。人間の最も古いパートナーである犬は、「家族」であり、ネコは「恋人」であると何かで読んだことがあるが、真に言い得て妙だと思う。

嬉しい時、悲しい時、家族より心に寄り添った愛犬からの温かい愛情を感じたことが、犬を飼ったことのある人は、一度は経験したことがあるだろう。

また昨夜、膝の上で喉を鳴らし、目を細めて甘えていた愛猫が、朝、頭を撫でてやろうとして手を伸ばすと、スッと身をかわして走り去り、寂しかったり、悲しかったり………。

さて、では親友に例えるにはどんなペットが相応しいのだろう。20年のブランクがあっても、昨日別れたばかりであるかのように、気持ちに隙間が生じない関係だと誰かが言っていた。

犬もネコも、経験から言うと20歳を越して、生きて側にいてくれることは、なかなか考えにくい。

我が家には、今も犬もネコもいて、家族の話題を提供してくれているが、親友はやはりヒトが一番か。幸い、私にはそう呼べるヒトがいる。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.