ズームアップ 第565回「杉田・池添組が春関ベスト8」

硬式庭球部 杉田 曜・池添 克哉



勝利を運ぶエースペアの誕生だ。今年度最初の個人戦である関東学生トーナメント、通称・春関。杉田曜(総合4=川越東)・池添克哉(商3=札幌日大)組が見事ベスト8入りを果たした。

明大の救世主となる。30年ぶりに王座準優勝を達成した昨年度の硬式庭球部。4人全員がタイトル保持者と実力者ぞろいであった黄金世代が3月に卒業し、戦力低下が不安視された。案の定、今大会は初戦から敗退者が続出。チームに暗雲が立ち込める中、杉田・池添組が快進撃を見せた。初戦で全日本ジュニアUー16優勝経験を持つ大型ルーキー千頭(早大)擁する強豪ペアを破ると勢いそのままに勝ち上がり、準々決勝では今大会の優勝ペア相手に好勝負。敗れはしたものの、ノーシードながら次々と格上ペアを打ち取り、大会のダークホースとなった。

双方がシングルスプレーヤーである杉田・池添組。選手登録直前まで、互いで組む予定はなかった。2年前に一度ペアを組んだ経験はあるものの、大会への本戦出場は初。結成して間もない急造ペアも同然だった。しかし、勝ち進む中で自分たちのスタイルが型にはまっていった。杉田が得意のサーブで攻め入り、ポーチに出た池添がボレーを決めてポイントを量産。大会中、池添が手首を痛めバックハンドを打てなくなるハプニングが発生するも、フォーメーションを変えることで柔軟に対応した。「気持ちの乗った良いペアが一つ見つかった」と上原真吾監督も太鼓判。今大会での結果を自信に、常勝ペアへと成長してみせる。

(すぎた・ひかる 総合4 川越東高 180cm・75kg/いけぞい・かつや 商3 札幌日大高 173cm・70kg)

文/谷山美海(文2) 写真/藤田幸大(情コミ2)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.