本棚「ドイツ三〇〇諸侯 一千年の興亡」菊池 良生 著(河出書房新社、2,500円+税)



ゲルマン民族が美徳としてきたものは何か。それは「勇気」と「名誉」であった。響きのよい言葉だ。しかし、ドイツの諸侯たちが見せたそれは実に人間味にあふれている。中世の頃から、「勇気」を体現するために、彼らは大いに食べ、豪快に飲んだ。時には、酒宴の席での諍いが歴史を動かした。己の「名誉」を守るために、彼らは神聖ローマ帝国政府からのいかなる干渉も受け入れない。諸侯にとっての大事とはドイツではなく、お家の存続と繁栄である。領地と権力を飽くことなく求めたこうした大小300の諸侯たちが、戦いに明け暮れる危ういバランスの上に成り立つパッチワーク状の国家がドイツであった。多くの書を世に送り出してきた著者は、今回、ドイツ諸侯の生き残りをかけた闘争と対立と裏切りを臨場感あふれる筆致で描き出していく。そして、同時に、諸侯たちが発した膨大なエネルギーと無関係ではありえないドイツの多様な文化の内面へも筆は鮮やかに切り込んでいく。本書にて著者の発する知的エネルギーもまた凄まじい。

松澤淳・理工学部准教授
(著者は理工学部教授)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.