会計専門職研究科 小学生夏休み社会教室

専門職大学院会計専門職研究科は8月1日、小学生を対象に夏休み社会教室「小学生のための経営学講座-会社ってなに?だれも知らない会社のひみつ」を駿河台キャンパス・アカデミーコモンで開催。小学生約50人が、会社の起源や歴史などについて学んだ。

5年目となったこの社会教室は、小学生たちが会社経営の一端を知ることによって、現代社会と会社の関係、経営や会計に興味・関心を持つことを目的に、会計専門職研究科が企画するもの。

講師を務めた吉村孝司会計専門職研究科長と、会計専門職研究科1年生の北村知子さん、伊藤舜さんは、小学生にも分かりやすく作成された資料を用いて説明し、会場からは驚きや笑い声も起きるなど、終始和やかな雰囲気で講義は進められた。終了後には、受講者一人ひとりに修了証が吉村研究科長から手渡され、めいじろうと記念撮影をするなど、小学生たちは充実した表情で会場を後にした。

めいじろうと記念撮影

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.