体育会ラグビー部、大学選手権準決勝へ挑みます

2010年12月26日
明治大学

流経大の大型FWを圧倒した流経大の大型FWを圧倒した

明治は合計9トライをあげた明治は合計9トライをあげた

明治大学体育会ラグビー部は12月26日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた第47回全国大学ラグビーフットボール選手権第2回戦に臨み、流通経済大学(関東大学リーグ戦1部2位)に60−7で快勝。準決勝に駒を進めた。

明大はフォワード(FW)で着実に攻め込みバックス(BK)で確実にトライをとる、FWとBKを融合した戦いぶりを徹底して終始相手を圧倒。9トライを上げ、60−7の大差で圧勝した。

吉田義人監督は「ひたむきに、プレイ一つひとつの精度を高め、強い流経大のFWを封じて相手のしたいラグビーをさせないよう意識した」と試合を振り返り、杉本博昭主将(商4)は「優勝することが今年の目標。そのためには準決勝に勝つことが第一。しっかり勝ちたい」と決意を新たにした。

次戦は1月2日、準決勝で早稲田大学と対戦する。大学日本一を勝ち取るために、そして12月5日の明早戦(関東大学対抗戦)の雪辱を果たす意味でも負けられない一戦となる。国立競技場で14時キックオフ。

チケット・会場等は日本ラグビーフットボール協会ホームページにて(http://www.rugby-japan.jp/)


「2010年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.