海老沼匡選手(2012年商学部卒)が金メダル、6戦すべて一本勝ちで世界柔道2連覇

2013年08月28日
明治大学 広報課

金メダルと新たな決意を胸に刻む海老沼選手(左)。同3位の福岡政章選手と(写真:YUTAKA/アフロスポーツ )金メダルと新たな決意を胸に刻む海老沼選手(左)。同3位の福岡政章選手と(写真:YUTAKA/アフロスポーツ )

 リオデジャネイロで開催された世界柔道選手権大会2日目となる8月27日、男子66キロ級で海老沼匡選手(2012年商学部卒)が6試合すべて一本勝ちで金メダルを獲得。同大会2連覇の偉業を達成しました。

 海老沼選手は3位に終わった2012年ロンドン五輪での雪辱を遂げ、2016年のリオ五輪に向け力強い一歩を踏み出しました。

「2013年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.