外交関係再開55周年を記念しブルガリア副大統領が明大生に講演しました

2014年05月23日
明治大学 広報課

講演するポポヴァ副大統領講演するポポヴァ副大統領

多くの学生で会場はほぼ満員となりました多くの学生で会場はほぼ満員となりました

熱心に質問する学生熱心に質問する学生

明治大学国際連携部は5月23日、ブルガリア共和国のマルガリタ・ポポヴァ副大統領を招き、「ブルガリアと日本の二国間の関係—過去、現在、未来」と題した講演会を駿河台キャンパス・リバティタワーで開催しました。

日本とブルガリアの外交関係再開55周年を記念して初来日したポポヴァ副大統領は、学生ら約150人に対し、スラブ語を語源とする文字や法典など、ヨーロッパ文化の発祥の地ともいわれるブルガリアを紹介。133年前の明治大学創立のエピソードにも触れながら、同時期を起点に広がった両国の友好的な関係の歴史と、EU加盟国としてのブルガリアの外交政策について熱のこもった講演をしました。

今後の日本との関係については、「グローバルパートナーとして国際社会での役割を果たしていきたい」とし、具体的には「教育と科学イノベーション、安全保障と防衛、農業技術とその分野のビジネスについて関係を強化したい」と意気込みを語りました。

さらに、「世界が抱える課題の解決には、国と国が互いを思いやり、信頼関係を構築した上で連携・協力していかなければならない。日本とブルガリアが力をあわせ、世界の平和に向けて取り組んでいくことが大事だ」とこれからの国際社会を担う学生たちに期待を込めました。

講演終了後には、「日本とブルガリアの社会福祉」「ブルガリアとロシアとの関係」について学生から質問がされるなど、予定を超える充実した講演会となりました。

「2014年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.