プロ野球ドラフト会議、明治大学体育会硬式野球部の柳主将・星投手・佐野選手・中道捕手に指名

2016年10月20日
明治大学 広報課

 プロ野球ドラフト会議が10月20日、東京都内で行われ、体育会硬式野球部の主将・柳裕也投手(政治経済学部4年)が中日ドラゴンズから1位指名、星知弥投手(政治経済学部4年)が東京ヤクルトスワローズから2位指名、佐野恵太選手(商学部4年)が横浜DeNAベイスターズから9位指名、中道勝士捕手(商学部4年)がオリックス・バファローズから育成5位指名を受けました。

東京都府中市にある硬式野球部合宿所では、多くの報道陣が詰めかける中、指名を受けた4人が井上崇通部長(商学部教授)、善波達也監督と記者会見に臨みました。

「指名していただいてホッとした気持ち。これからが厳しい野球人生の始まりなので、頑張りたい。ファンあってのプロ野球だと思うので、ファンの方に長く応援していただける選手になりたい」(柳投手)、「伝統ある球団に指名していただけて嬉しい。(柳投手と)同じセ・リーグになったので、投げ合いたい」(星投手)、「勝負強い筒香選手のようなバッターになりたい。本当に厳しい世界に進むと自覚しているので、今よりもっとレベルアップして、勝負の世界に入っていきたい」(佐野選手)、「(プロ志望届を提出した)4人全員が指名されたことが嬉しい。勝負強いバッターであり、ここ一番で頼られるキャッチャーになりたい」(中道捕手)と、それぞれ指名の喜びとプロ入り後の抱負を語りました。

また、硬式野球部OBからは、糸原健斗選手(JX-ENEOS・2015年経営学部卒業)が阪神タイガースから5位指名を受けました。

指名を受けた4選手(左から中道捕手、星投手、柳主将、佐野選手)指名を受けた4選手(左から中道捕手、星投手、柳主将、佐野選手)

仲間に囲まれ喜びの表情を見せる柳主将(左)と星投手仲間に囲まれ喜びの表情を見せる柳主将(左)と星投手

横浜DeNAベイスターズから指名を受けた佐野選手横浜DeNAベイスターズから指名を受けた佐野選手

オリックス・バファローズから指名を受けた中道捕手オリックス・バファローズから指名を受けた中道捕手

「2016年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.