明治大学体育会ラグビー部が「いわき米応援プロジェクト」を始めました

2018年05月25日
明治大学 スポーツ振興事務室

明治大学体育会ラグビー部が「いわき米応援プロジェクト」を立ち上げ、福島県いわき市への支援を始めました。

ラグビー部では、東日本大震災の直後から同市の子どもたちとラグビーを通じた交流を続け、この活動を通じて、同市の農作物が福島第一原子力発電所事故の風評被害を受けていることを知りました。特にいわき産米は、県の徹底した全量検査により安全性が証明されているにもかかわらず、販売価格の低迷や取引停止などが続いている状況で、地域の復興や生産者の生活再建の大きな障害になっています。

こうした状況をふまえ、ラグビー部では地域の復興と生産者の生活再建にいくらかでも貢献することを目的とした「いわき米応援プロジェクト」を立ち上げ、積極的な支援活動を始めました。

この活動の一環として、いわき市より「いわき米600kg」をラグビー部の寮食用にご提供いただきました。ラグビー部員が合宿所での食事に「いわき米」をいただくことで、「いわき米」をはじめ、いわき市産農産物への正しい理解が深まることを期待しています。

この記事に関連するページ

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.