明治大学体育会自転車の野本空選手が全日本大学対抗選手権自転車競技大会・男子個人ロードレースで優勝

2018年09月07日
明治大学 広報課

表彰台で喜ぶ野本選手〔中央〕 (写真提供=明大スポーツ)表彰台で喜ぶ野本選手〔中央〕 (写真提供=明大スポーツ)

自身2度目の優勝を果たした(写真提供=明大スポーツ)自身2度目の優勝を果たした(写真提供=明大スポーツ)

明治大学体育会自転車部の野本空選手(政治経済学部4年)が、9月2日に開催された、文部科学大臣杯第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会・男子個人ロードレースに出場し、2年ぶり2度目の優勝を果たしました。

長野県大町市美麻地区の公道周回コースで行われたロードレースは、1周13.4㎞のコースを13周、計174.2㎞の距離で争われました。出場選手171人中、完走者が32人と厳しいレース展開の中、野本選手は終盤に昨年度優勝選手の猛追を振り切り、1位でゴール。4時間26分19秒のタイムで見事、インカレ・ロードレースのチャンピオンに輝きました。

この結果、トラック競技(8月17日~19日、静岡県・伊豆ベロドローム)とロード競技の獲得ポイントを合わせた総合最終成績で、明治大学は2位となりました。

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.