激闘制し、明治大学体育会ラグビー部が22年ぶりの大学日本一 —大学選手権で通算13回目の優勝—

2019年01月12日
明治大学 広報課

明治大学体育会ラグビー部は1月12日、第55回全国大学ラグビーフットボール選手権大会の決勝で、天理大学を22-17で下し優勝。1997年以来、22年ぶり13回目となる大学日本一の座に輝きました。

2万人を超える観客の大歓声に包まれた秩父宮ラグビー場で、試合は14時15分にキックオフ。試合開始直後に先制のトライを許したものの、前半7分に山崎洋之選手(法学部3年)がゴール右隅にトライを返し、同点に追いつきます。前半22分には、この日終始優位に立ったラインアウトから、高橋汰地選手(政治経済学部4年)が走り込んでトライ。12-5とリードして前半を終えました。
後半開始後も試合を有利に進め、後半16分には相手陣内のスクラムで得た反則から、山沢京平選手(政治経済学部2年)がペナルティゴールを決めて追加点。後半21分には、相手ゴール前でのフォワード陣の攻防から、武井日向選手(商学部3年)が抜け出してゴール中央にトライ。22-5とリードを広げます。試合終盤には天理大の猛攻に2トライを返されたものの、最後まで堅い守備を崩さずに後半40分過ぎ、スタンドから「明治」コールの大歓声の中、22-17でノーサイド。1997年以来、22年ぶり通算13回目となる大学日本一の座を勝ち取りました。

今シーズンのラグビー部は、昨年4月に就任した田中澄憲監督のもと、福田健太主将(法学部4年)を中心に躍動。4月から6月にかけて行われた関東大学ラグビー春季大会では、5戦全勝で優勝。9月から12月に行われた関東大学対抗戦では5勝2敗の3位(大学選手権は関東4位扱いで出場)に終わりましたが、大学選手権では準々決勝の東海大戦(18-15)、準決勝の早稲田大戦(31-27)ともに接戦を勝ちきる底力を見せ、この日の天理大との決勝でも5点差の接戦を制し優勝を果たしました。

田中監督のコメント

部員126人の努力とハードワークが、最後に最高の形で現れて非常に嬉しい。本当に多くのファンの皆さまの応援が、選手にエネルギーを与えてくれた。選手は1戦1戦、逞しく成長してくれていると感じていたし、このゲームでさらにタフになったと思う。本当に厳しい時間帯によく耐えてくれた。去年ここ(大学選手権決勝)で悔しい敗戦をして、今シーズン始まったときから「それを超えるんだ」という思いで学生が努力してきた。最後に勝つことができてたのは、学生の努力と頑張り以外にないと思う。22年という長い間優勝できなかったが、応援し続けてくれた皆さまがあったからこそ今日がある。次は追われる立場になるが、また良いチームを作って、連覇を重ねられるようなチームになりたい。

福田主将のコメント

対抗戦が厳しい結果となったが、そこからチームが一つになった。「1月12日に絶対勝つ」と決めていたので、それが達成できて嬉しい。色々な方に支えられてここまでこれたので、本当に感謝したい。今日勝つことができたのは、明治のプライドを持って戦えたことが全て。

圧倒的な強さを見せたラインアウト圧倒的な強さを見せたラインアウト

ディフェンスを振り切りゴール前に迫る忽那鐘太選手ディフェンスを振り切りゴール前に迫る忽那鐘太選手

前半22分、高橋汰地選手のトライ前半22分、高橋汰地選手のトライ

ノーサイドの笛に歓喜の選手達ノーサイドの笛に歓喜の選手達

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.