先端メディアサイエンス専攻設置記念シンポジウムを開催「インタラクション2046-メディアサイエンスがつくる新たな体験・知能・文化—」—数理の力で30年後の未来を見通す—

2016年05月23日
明治大学

先端メディアサイエンス専攻設置記念シンポジウムを開催
インタラクション2046
—メディアサイエンスがつくる新たな体験・知能・文化—

—数理の力で30年後の未来を見通す—

明治大学大学院 先端数理科学研究科では、2017年4月開設予定の先端メディアサイエンス専攻のPRを目的に5月28日、明治大学中野キャンパスで開設シンポジウム「インタラクション2046 -メディアサイエンスがつくる新たな体験・知能・文化-」を開催します。入場無料。

今から30年後の2046年には、自然とテクノロジーの調和や、ロボットや3Dプリント技術の向上によって日常生活は大きく変化しているかもしれません。人間の「感覚」や概念も大きく変容し、そのためのコンテンツも現在のものとは大きく異なっているでしょう。本シンポジウムでは、「2046年におけるヒューマン-コンピュータインタラクション」をテーマに、30年先を見越した研究・産業・教育・文化のあり方を、先端の研究者たちが語ります。



先端メディアサイエンス専攻設置記念シンポジウム
「インタラクション2046 -メディアサイエンスがつくる新たな体験・知能・文化-」

日時 2016年5月28日(土)15:00~17:40
会場 明治大学中野キャンパス5階ホール
登壇スケジュール 登壇者(所属)
15:00~15:20 宮下芳明(明治大学)
15:20~15:40 五十嵐健夫(東京大学)
15:40~16:00 稲見昌彦(東京大学)
16:00~16:20 落合陽一(筑波大学)
16:20~16:40 梶本裕之(電気通信大学)
16:40~17:00 後藤真孝(産業技術総合研究所)
17:00~17:20 寺田努(神戸大学)
17:20~17:40 渡邊恵太(明治大学)
※登壇者のプロフィールは特設ページ(http://www.fms-meiji.jp/archives/1110)にて 

問い合わせ先

取材・リリースに関するお問い合わせ
明治大学 広報課
TEL: 03-3296-4330
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2016年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.