情報コミュニケーション研究科フォーラム「日韓交流レクチャー公演」、2月24日に開催 ~韓国と日本の舞踊にみる“扇と布”~

2017年02月08日
明治大学

情報コミュニケーション研究科フォーラム
「日韓交流レクチャー公演」、2月24日に開催
~韓国と日本の舞踊にみる“扇と布”~

明治大学大学院情報コミュニケーション研究科は2月24日、駐日大韓民国大使館 韓国文化院(東京都新宿)で、 2016年度研究科フォーラムとして「韓国と日本の舞踊にみる“扇と布”」と題する日韓交流レクチャー公演を開催します。

当研究科では、日本学術振興会科学研究費ならびに公益財団法人日韓文化交流基金の助成を得て、2012年度より韓国成均館大学校の舞踊研究者との国際共同研究を継続してきました。

今年度は、韓国政府の支援のもと同大学校の田銀子教授を招聘し「扇」を使った舞踊の比較研究を行っています。本レクチャー公演では「第一部 シンポジウム」として、これまでの研究成果を、琉球舞踊の志田房子氏と日本舞踊の西川祐子氏による実演協力を交え紹介するとともに、琉球舞踊と韓国舞踊との共同制作「布花」を公開します。さらに第二部では、韓国舞踊の代表作「扇の舞」作者として知られる金白峰氏の創作舞踊五題を上演します。


明治大学大学院情報コミュニケーション研究科フォーラム
「韓国と日本の舞踊にみる“扇と布”」

日時:2017年2月24日(金)18:00~20:30
会場:駐日大韓民国大使館 韓国文化院 ハンマダンホール
(東京都新宿区四谷4-4-10)
第一部 シンポジウム「扇の象徴性と舞踊技法」(2016 年度成果報告)
第二部 「韓国舞踊家 金白峰の作品世界」 金白峰舞踊保傳会
※参加費無料、定員事前申込制先着280名。
参加申込は、NPO 法人日本伝統芸能教育普及協会 むすびの会まで
E-MAIL( info@musubinokai.org )か、FAX( 03-6459-7224 )にて受付

問い合わせ先

内容、取材に関するお問い合わせ
NPO 法人日本伝統芸能教育普及協会 むすびの会
FAX:03-6459-7224
E-mail:info@musubinokai.org
明治大学の取り組みに関するお問い合わせ
明治大学 広報課
TEL:03-3296-4330
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2016年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.