ディスク容量チェック方法について

自分の基盤サービス利用アカウントが使用しているディスク容量を調べる方法は下記の通りです。
ここでは12号館メディア教室・実習室のパソコンから、「Tera Term」というソフトを利用して使用ディスク容量を調べる方法を記載します。

  1. 「Tera Term」を起動する。
  2. 「TCP/IP」が選択されていない場合は、クリックして選択状態にする。
  3. 「ホスト(T)」に「samba00」と入力し、「サービス」から「SSH」を選択して「OK」をクリックする。
  4. 「ユーザ名」に基盤サービスアカウント(例ea00001など)、「パスフレーズ」にパスワードを入力し、「OK」をクリックする。
  5. 表示された画面で、「du -sh」 (duと-shの間は半角スペース )とコマンドを入力してEnterキーを押す。
    ・コマンドの結果が、現在使用しているディスク容量です。(単位:メガバイト)
    ・1アカウントに対して付与される最大ディスク容量は1GBとなっています。
    ・使用ディスク容量がひっ迫している場合は、不要なファイルを削除するなどして使用ディスク容量を削減してください。
  6. 「exit」と入力しEnterキーを押すと、「Tera Term」が終了します。

学外から容量を確認する場合

学外から確認する場合は、VPN接続サービスを利用してVPN接続を行った後、上記の手順を行って下さい。
なおホスト名は「samba00.mind.meiji.ac.jp」と指定してください。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.