藤原 俊雄

藤原 俊雄

藤原 俊雄

【担当授業科目】商法Ⅱ、商法演習、商法展開演習

【経歴】島根大学文理学部卒、京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学

【活動分野】会社法、商取引法

【研究テーマ・活動実績】M&A取引の法的問題、株式会社における経営監視

【主な著書・論文】『商法大改正とコーポレート・ガバナンスの再構築』(共編著、法律文化社、2003年)、『会社法の基礎』(編著、中央経済社、2003年)、『逐条解説会社法第4巻機関-1』(分担執筆、酒巻俊雄・龍田節編集代表、中央経済社、2008年)、『コーポレート・ガバナンス;課題と展望』(単著、成文堂2013年)、論文として「監査役の任務懈怠責任」(『法曹時報』63巻8号、2011年)、「コーポレート・ガバナンスにおける監査役の役割〔上〕〔下〕」(『法曹時報』64巻11・12号、2012年)、「不公正な募集株式の発行等に関する多少の考察」(『判例時報』2180号、2013年)、「募集株式発行等の無効」(『明治大学法科大学院論集』14号、2014年)ほか

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.