法科大学院

宍戸 邦久

宍戸 邦久   新潟大学経済学部教授
【担当授業科目】法と公共政策

【経歴】東京大学法学部卒、自治省(現総務省)入省。岐阜県地方課、自治省財政課、福岡市企画課長、山形県市町村課長・財政課長、総務省自治大学校研究部長、東北大学公共政策大学院副院長、内閣府地方分権改革推進室参事官等を経て現職(2017年~)

【研究分野】地方行財政制度

【研究テーマ・活動実績】地方分権改革における市町村の条例制定のあり方。新潟大学のほか、東北大学公共政策大学院、帝京大学経済学部において「公共政策論」「地方行政論」、全国の地方公務員研修所で「政策法務」「地方自治法」「地方公務員法」などを講義。

【主な著書・論文】「議会における政策立案の考え方」(『判例地方自治』395,396号、ぎょうせい)、「地方分権改革の今日的課題」(『東北自治』82号)ほか

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.