【中央図書館】ギャラリー「おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展」開催

開催期間:2018年03月21日~2018年04月25日
明治大学 中央図書館

「おきあがりこぼしプロジェクト」は、おきあがりこぼしの絵付けを通じて
2011年3月11日に起きた東日本大震災と福島での原発事故、その被災者たちに精神的な連帯を示すことを目的にヨーロッパで暮らす日本人たちが2013年にはじめたアートプロジェクトです。
 
2018年2月9日から明治大学 米沢嘉博記念図書館で開催している「おきあがりこぼしプロジェクト明治大学展」では、2014年から同プロジェクトに参加している公益社団法人日本漫画家協会との共同主催により、協会所属マンガ家の作品を中心にこれまでのプロジェクトのあゆみ、全体像を紹介する展示をおこなっています。
 
本展示は同展から派生した米沢嘉博記念図書館と明治大学中央図書館との連携企画です。中央図書館所蔵の東日本大震災関連書籍とともに、これまでプロジェクトで制作された国外、国内の著名人によるおきあがりこぼしを展示することで、改めて震災や原発事故、そこからの復興といった問題について思い返していただければ、という動機から企画しました。

皆様のご来館お待ちしております。
 
■主催:明治大学 米沢嘉博記念図書館及び日本漫画家協会
■会期:2018年3月21日(水)~4月25日(水)
    ※3月30日(金)は休館
■時間:図書館の開館中はご観覧いただけます。
開館時間はこちらからご確認ください。
■会場:明治大学中央図書館 1F ギャラリー 〒101-8301 千代田区神田駿河台1-1
■お問い合わせ: 米沢嘉博記念図書館 03-3296-4554
 
※一般の方もご来場いただけます(入場無料)。

◆米沢嘉博記念図書館の展示については、下記をご参照ください。
 
 

「イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.