グローバル・ビジネス
研究科 (MBA)

在学生向け

修了生・一般・企業様向け

国際認証のMBAプログラム

経営系大学・大学院国際認証機関EFMDのEPAS認証を日本で初めて獲得

 明治大学ビジネススクール(MBS)は、経営系大学・大学院の国際認証機関EFMD(本部:ベルギー・ブリュッセル)からEPAS認証を2018年に日本で初めて獲得しました。
 EPASは、EFMDがビジネススクールを専攻単位で認証するシステムで、対象とする専攻の国際性、カリキュラム編成、戦略性、教育・研究の質など、76項目にわたり、多国籍な専門家で構成される審査委員会による書類及び実地視察で評価が行われるものです。そして、その評価に基づき、10か国以上のビジネススクールと企業関係者で構成されるEFMDのEPAS審査委員会が最終決定を行います。




 2018年6月6日(水)~8日(金)までデンマーク、コペンハーゲンで開催されたEFMD定期総会に明治ビジネススクール(MBS)から木村研究科長と山村専任教授が参加し、総会の場でEPAS認証の授賞式が同時に開催され、認証の盾が木村研究科長に手渡されました。

 MBSがEPASを獲得できたのは、全学的なグランドデザインに基づき、ファミリービジネス及びスタートアップビジネスの経営教育に特化したクラスター(科目群)の設置、ILO(教育効果達成度目標)の明確化、英語による専門科目の提供、社会人学生を対象とした短期海外研修の単位科目設置、教員から学生への充実した指導体制、将来的な計画に基づく研究科の適切な管理・運営などが評価されたものと考えています。


授賞式にてEFMD首脳陣と木村研究科長(中央左)及び山村専任教授(中央右)

 今後もEFMD加盟の世界各国のビジネススクールと積極的に交流、情報交換を行い、総合的な実践的教育、ファミリービジネス及びスタートアップビジネスの特化分野において、MBSで提供するMBA教育が国際基準に足るものであるという地位を確固たるものにすべく取り組んでいきます。



Accosiateion of Asia-Pacific Business Schoolsに長年正会員として加盟



 Accosiateion of Asia-Pacific Business Schools(AAPBS)はアジア・太平洋地域のビジネススクールが相互の発展、交流を目的として2001年に設立された組織で、毎年の会議を通じて交流を深めています。
 2018年度も、5月28日(水)~31日(木)に開催されたAAPBSのアカデミックカンファレンスに明治大学ビジネススクール(MBS)から山口不二夫専任教授(アカウンティング領域)が参加しました。本年のカンファレンスは香港の香港科技大学(HKUST)で開催され、多くのアジア・太平洋各国・各地域のビジネススクールや組織から50名以上が参加しました。



 当日は基調講演やパネルディスカッションを通してデジタリゼーションの進展の中でビジネススクールがどのように対応するかについて議論を行いました。最終日にはワークショップに参加しました。
 EPAS認証を有効に活用するとともに、AAPBSから得たネットワークや視座をMBSでの教育の充実につなげ、国際競争力を高めていきたいと考えています。

問い合わせ先

教務事務部 専門職大学院事務室
グローバル・ビジネス研究科 (ビジネススクール/MBA)
駿河台キャンパス アカデミーコモン10階
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
電話 03-3296-2397~8

事務取扱時間
 月~金 15:00~21:00  土 12:30~18:00

※夏季期間や年末年始等は事務取扱時間が異なる場合がございます。「ニュース」にご注意ください。

E-mail:guroken@mics.meiji.ac.jp

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.