ガバナンス研究科の特徴とは?

ガバナンス研究科の特徴(リンクをクリックすると該当項目に遷移します)

入学時期と入学試験

ガバナンス研究科は4月入学9月入学を実施しています。業務の都合などにあわせて選択できます。修業年限は2年間で、春学期・秋学期の2学期制です。

入学形態 Ⅰ期入試 Ⅱ期入試 秋季入試
募集人員 55名(Ⅰ期・Ⅱ期・秋季の合計)
入学時期 4月入学 9月入学
入試時期 入学年の前年の11月 入学年の2月 入学年の7月

►入学試験要項はこちら(←クリック)より,御覧ください。

授業は平日夜間・土曜日と休日の集中授業

平日の授業は18時55分開始。社会人の方でも仕事と両立できます。日曜日・祝日等にまとめて講義を行う集中授業が設定されています。

 
平日6~7限・集中授業
90分×15回
平日1~5限・土曜日
100分×14回
1時限目 09:00~10:30
※集中授業のみ
09:00~10:40
2時限目 10:40~12:10
※集中授業のみ
10:50~12:30
3時限目 13:00~14:30
※集中授業のみ
13:30~15:10
4時限目 14:40~16:10
※集中授業のみ
15:20~17:00
5時限目 16:20~17:50
※集中授業のみ
17:10~18:50
6時限目 18:55~20:25 19:00~20:40
7時限目 20:30~22:00

►ガバナンス研究科時間割はこちら(←クリック)より,御覧ください。

都心型キャンパスで授業を実施

授業は全て交通至便な駿河台キャンパスのアカデミーコモンで実施します。



多様な科目を設置

政治や行政に関する最新の事例や知識を学び、直面する課題の解決策を創造できる力を育みます。「都市政治」や「自治体マネジメント」等の履修モデルを参考に、目的にあわせて履修できます。演習や最新の事例研究を取り入れた多様な授業で、新しい社会運営の方法を検討する力を養います。

ガバナンス研究科の授業関連の情報は次のページをご覧ください。

授業支援システム「リモート・ラーニング」の導入

授業支援システム「リモート・ラーニング」とはビデオ収録した授業をインターネット配信により視聴できるシステムです。突然の業務等により欠席を余儀なくされることが多い方の学業をサポートし、好評を得ています。

企業・団体等派遣制度・科目等履修(単科履修)制度

企業・団体等派遣制度

毎年、人材育成目的で数名の方が企業派遣にて本研究科に入学されます。

企業派遣についての詳細は専門職大学院事務室(03-3296-2398)までお問い合わせください

科目等履修生度(単科生)

1科目から本研究科の科目を受講できる科目等履修制度があります。正規生での入学前に受講するケースや、正規生修了後の学びなおしや正規生で履修できなかった科目を受講するケースがあります。

入学前での活用修得した単位は本研究科入学後、最大5科目(10単位)まで既修得単位として認定できます。これにより、入学後の学習計画に余裕が生まれるばかりでなく、入学前の事前準備として活用いただけます。

修了生の特典本研究科では、生涯にわたって本研究科の修了生のキャリア開発を支援するために、修了生の科目等履修生としての受講料を通常受講料の約半額(1科目31,000円)に設定しています。

  • 科目等履修制度はこちら(←クリック)よりご覧ください。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.