分科会 東アジアの中の古代日本研究会

 日本列島は、中国・朝鮮半島などとともに東アジア世界を形成し、深く交流しながら歩んできました。中でも弥生時代から飛鳥時代にかけては、水田稲作の受容・渡来人からの様々な技術の受け入れ、漢字・仏教・律令の導入など多大な影響を受けた時代です。
 古代日本国家は、東アジア世界の影響の中で形成されました。そして、今日でも渡来文化の痕跡は日本各地に残っています。このような発想の下、東アジアの視点で考古学や諸文献を学び、更にそれらを示す遺跡を訪ねるフィールドワーク、そして専門家との意見交換などを通じて、日本古代史像に迫りたいと思います。 
例会
毎月第4金曜日 14時~16時30分 
場所
博物館教室

問い合わせ先

明治大学博物館友の会
分科会へ入会希望の方、見学を希望される方は、希望される分科会名と入会希望または見学希望とご記入のうえ、下記へはがきまたはメールでご連絡下さい。

ご希望された方には各分科会よりご案内します。
(現在、募集を行っていない分科会もあります。)
※分科会に正式に入会された方は、明治大学博物館友の会に入会していただきます。(必須条件)


【はがき】
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学博物館友の会

【メール】
meihakutomonokai★yahoo.co.jp
(上記アドレス中、★を@に置き換えてご利用ください。)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.