トークセッション「ススムトットリ “ノイズ”としての地方と工芸」

開催期間:2017年12月16日
明治大学 博物館事務室

 自らモノ作りを手がけ、また、「トットリノススメ2017」をはじめとする鳥取関係の様々なイベントプロデュースに携わる講師と、民藝を研究テーマとする気鋭の若手哲学者が現代における工芸、ひいては「地方」なるものへの着目、地方を活性化させることの意味について熱く語ります。
■トークセッション「ススム トットリ “ノイズ”としての地方と工芸」
共催:明治大学博物館友の会
日 時 2017年12月16日(土) 15:00~17:00
会 場 明治大学駿河台キャンパス12号館10F 2103教室
講 師 本間 公 工作社代表/木工職人
鞍田 崇 明治大学理工学部准教授
受講料 無料 
申込不要 直接会場にお越しください 
問合先 明治大学博物館 TEL. 03-3296-4448

「明治大学博物館 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.