行政研究所へのいざない 〜「思い立ったが吉日」〜

国家公務員総合職試験 最終合格者表彰式より

行政研究所所長
政治経済学部教授 西川 伸一

 

 このページに訪れてくださったあなたは、公務員になってみたい、公のために働きたいと漠然とでも思っていることでしょう。しかし、思っているだけでは夢は実現しません。行動しなければならないのです。

 具体的に考えてみましょう。公務員として働くには、その採用試験に合格しなければなりません。志望をはっきりさせ(一口に公務員といっても、実に様々な職種があります)、その試験科目に備えた勉強を着実に続ける必要があります。

 「続ける」とはどういうことでしょうか。

 司法試験の受験指導などで有名な伊藤塾の伊藤真塾長は、「試験に合格するのに最も必要な能力は、「頭のよさ」ではありません。〔中略〕それは「続ける力」です」と述べています。なぜなら、「ある程度の時間をかけて、地道にコツコツと、同じことを繰り返して勉強する」ことが難関突破には欠かせないからです(伊藤真(2008)『続ける力』幻冬舎新書、16-17頁)。

 そのためには、毎日机に向かわなければ落ち着かないくらいに、勉強することを習慣づければよいのです。毎朝歯磨きをしないと気持ちが悪いのと同じレベルにまで「高める」のです。

 とはいえ、同じことを毎日繰り返すことは、単調で退屈な作業に違いありません。飽きることなく「続ける」には、やる気を維持できる環境に自分を置くことが効果的です。第一に、励まし合い相談し合える「同志」を身近にもつことでしょう。

 私たち行政研究所(略称・行研ぎょうけん)は、公務員試験合格を目指すみなさんに、勉強する場所とプロ講師による充実した授業を提供しています。そこには、同じ志を持つ多くの仲間が集ります。すなわち、「続ける」習慣を身につける条件がすべて整っています。

 行研は明治大学にあって50年以上の歴史をもち、これまで多くの公務員を輩出してきました。とりわけ、みなさんに目指してほしいのは、最難関の国家公務員採用総合職試験です。国の行政の中枢に多くの明治大学出身者が入ることで、この国はもっとよくなると私は確信してやみません。

 さあ「思い立ったが吉日」です。すぐに行動を起こして、行研であなたの夢を実現してみませんか。

 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.